商品情報にスキップ
1 / 11

RE経営

【実例ノウハウテンプレート_005】企業人事考課・職務分掌・スキルマップ関連実例

通常価格
30,000 円
通常価格
セール価格
30,000 円

※本商品は、ダウンロード商品となります。決済確定後、登録されたメールアドレスにデータダウンロードが可能なURLが記載されたメールが配信されますので、そちらよりデータをダウンロードして下さい。

概要解説

事例解説

実例コンサルティングパッケージ名

 具体的な人事考課・職務分掌・スキルマップなどの「人事・組織・教育関連」の「見える化」指導で、コンサルティング品質を上げる
実際の企業で作成した業種別人事考課・職務分掌・スキルマップ 15実例

本商品が開発された理由

①これまで本やネットで入手できる人事考課・職務分掌・スキルマップはフレームや考え方中心で、実際の事例が分からない

②画像やPDFで参考になるデータがあってもExcel・Word化するのに手間がかかる

③この実例はExcel・Wordで提供されるので、そのまま加筆修正でコンサルティングが可能

④本データは㈱RE-経営代表 嶋田利広の36年間の経営コンサルタント経験をアウトプット化した「知の結晶」である

このツールが効果を出す人(こんな人に使って欲しい)

①実績の少ないコンサルタントが「アウトプットコンサルティング」を受注する際のツールとして

②会計事務所などの士業が「別途コンサルティング受注」する際の提案の掲載コンテンツとして

③実際に、経営者、後継者が自社の人事考課や職務分掌、スキルマップ作成の参考として

等々

コンテンツ一覧

「一般的な人事考課無視 KPI中心の評価項目と配点基準まで」
製造業 営業部門の人事評価シート(賞与用)
2 「各営業の役職別にどんな権限と義務があり、誰の発議や決裁が必要を分かりやすく一覧化」
営業部門 職務分掌規程事例(製造業)
3 「誰に、どの責任があり、誰に報告すべきか一覧化して、業務漏れを防ぐ分かりやすいシート」
製造課 職務分掌規程 事例
4
「5名以上の経理部門の組織に必要な、職務分掌規程とは」
経理課 職務分掌規程(製造業)
5 「5名以上の総務部門の組織に必要な、職務分掌規程とは」
総務課 職務分掌規程(製造業)
6 「経理責任者の毎日、毎週、毎月、スポット業務を整理、部下へ移譲する業務も計画化できる」
経理責任者 日週月スポット業務一覧表 事例(社会福祉法人)
7 「ルーチン業務ばかりしても評価されない経理部長の不可欠の戦略的業務を明文化」
経理部長の心得と戦略的業務一覧チェックリスト(全業種)
8 「コンサルタントの経験年数別技能・キャリアパス・スキル目標が一目で分かる」
コンサルタントの経験年数別 職務基準・職能要件書事例
9 「電気工事の工務スタッフ・工事担当の技能、知識、経験レベルを『見える化』して、能力向上を狙う
電気工事会社 工務課・工事課のスキルマップ(実例)
10 「人事コンサル必見 キャリアプランとスキル、必要研修が一覧化できるツール」
役職登用基準 必要能力 階層別研修プログラム実例(製造業)
11 「部下への業務引継ぎや権限移譲がスムーズにいく 責任確認押印制度の画期的なフォーム」
各部門の後継者育成の業務引継・権限移譲シート(製造業)事例
12 「小規模・零細商店のパートさんへの超 簡単マニュアルの決定版」
零細商店専用 パート教育マニュアル(電話対応・接客応対・クレーム処理)
13 「30億円未満のゼネコンの部署別の職能や必要スキル明文化し、人事考課の参考にする」
ゼネコン(総合建設)の一番シンプルな職種別職能要件書 実例
14 「地方の葬祭会社で、役職者別に毎日、毎週、毎月、年間で行う業務の詳細を公開」
葬祭業 役職者別業務分掌 (事例)」
15
「中小規模工務店の営業、設計、工務、積算、事務の個人別の技能スキルの到達度が分かる『見える化』ツール」
住宅会社 部門別職種別スキルマップ一覧

 

このテンプレートの使い方

●人事関連コンサルティング・マニュアルづくりコンサルティング企画書提出時の事例として
●人事・組織・マニュアル関連セミナー時にテキストの一部として
●経営者と後継者がこのテンプレを見ながら協議し、自社の状況を直接埋め込むツールとして
●実際に研修でアウトプットを進める際に使うツール、システムとして

制作者 著作者

 ㈱アールイー経営 嶋田利広

注意事項

  • このテンプレを使ったコンサルティング価格や所要時間は、クライアント、見込み先の状況によって異なります
  • 目的や課題、企業の特性によっては、上記の段取り通りならない可能性もあります。
  • 第3者への譲渡、転売、ネット上の公開は禁止されています。
  • Excel、Word、PowerPointはオフィス2010以降の製品でご使用ください。
  • このノウハウテンプレートは当社での経験の結果であり、購入者が活用する際、内容、成果について、当社は一切の責任を負いません。
  • このテンプレートの内容など電話による問い合わせは受け付けていません。