コロナ融資返済据え置き終了と事業再構築補助金を見据えた経営戦略の立案

コロナで膨れ上がった債務を持つ中小企業に対して、金融機関は債権の保全とともに事業性評価へ徐々にシフトし「返済見込みのない経営戦略や収支改善する具体的根拠がない」企業へは厳しい融資姿勢になることは明らかです。

そこで、中小零細企業の「強み」を再認識し、小さな市場・ニッチなニーズで「小さな巨人」を目指す「事業の選択と集中」、そして「強み」を活かした新規事業・多角化・周辺事業の拡大などが不可欠となります。

ところが、多くの経営者にはそういう希望はあっても

「何からどう手を手を付ければ、そういう独自戦略が出てくるのか分からない」

といったことが率直な感想です。そこで、SWOT分析の出番です。

 SWOT分析はご存知の通り、外部環境と内部要因を掛け合わせて「独自の経営戦略」を立案するツールとして、高い知名度があります。

また、コロナ禍で新規事業・多角化・周辺事業拡大を検討する際、明確な根拠を導き出す分かりやすいメソッドです。

しかも、4月からの大型補助金である「事業再構築補助金」を申請する為の事業計画にも明確な根拠が必要になり、その根拠戦略捻出のツールとしても「SWOT分析」は有効です。

お陰様で「中小企業のSWOT分析の第一人者」として、当社が主宰する「SWOT分析スキル検定」で公開しているノウハウは、「中小零細企業向けSWOT分析」ノウハウのスタンダードとなりつつあります。

その証拠に「SWOT分析スキル検定」はコンサルタント、会計事務所などのプロが年間150名が学習しています。

その「SWOT分析を活用した根拠ある経営計画書」こそ、中小零細企業経営者や金融機関が求める「経営計画書」だと考えています。

これまでは動画やセミナーでそのノウハウを公開していましたが、多くの受講者から

  • 「直接指導を受けたい」
  • 「リアルな相談に直接対応してもらいたい」
  • 「自分が支援したSWOT分析や経営計画書をレビューしてほしい」
  • 「事業再構築のノウハウを具体的に知りたい」
  • 「新規事業・多角化・周辺業務拡大のSWOT分析ノウハウを知りたい」
  • 経営承継の可視化についてもいろいろ知りたい

という声が上がっています

しかしコロナ禍で「リアルセミナー」の開催はまだまだ難しいのが現状です。

そこで、zoomを活用した少人数型のオンラインサロンを実施することにしました。

2021年から毎月1~2回定期的に、オンラインサロン形式の「zoomでSWOT分析と根拠ある経営計画書ノウハウ公開勉強会」という名称で始めました。

しかし、事業再構築補助金の件や経営承継の可視化についても学習したいというメルマガ会員や検定受講者からの要望があり、途中ですが名称を変更します。これからのオンラインサロンの名称は、

「zoomでSWOT分析・事業再構築・経営承継の可視化事例勉強会」

そういう目的で、事業再構築支援や返済根拠のある経営計画書を作成を指導する

  • コンサルタント
  • 会計事務所
  • 金融機関
  • 保険パーソン
  • そして実際の経営者・後継者

を対象にノウハウ公開をするオンラインサロンを定期開催するようにしました。

しかも、少人数で行い参加者との直接のQ&Aを行いながら、進めます。

SWOT分析・根拠ある経営計画書指導の仕方やノウハウ、そして新規事業・多角化経営戦略をどうするかの「悩み」は経営者もコンサルタントも会計事務所も共通しています。

その課題と対応策、事例検討を参加者同士で共有し、嶋田の経験とノウハウを自身のスキルに活用していただくものです。

オンラインサロン「zoomでSWOT分析・事業再構築・経営承継の可視化事例勉強会」開催要項

1、オンラインサロンの目的

 ⑴コロナ不況で融資環境が厳しくなる中、中小企業の独自経営戦略づくりを指導するノウハウを共有する

 ⑵実践SWOT分析から根拠ある経営計画書の流れ、新規事業・多角化SWOT分析の事例を理解する

 ⑶リアルなコンサルティング技術的な悩み、自身のUSPについてアドバイスをもらう。そして他の参加者の解決策を自身の参考にする

 ⑷参加者が作成したSWOT分析や経営計画書を相互にレビューし、ノウハウを蓄積する

 ⑸事業再構築のコンサルティング、経営承継可視化の事例を学習する

 ⑹zoomのオンラインサロンを通じて、本や動画だけでは伝わらない嶋田からの直接のQ&Aができる

2、実施内容

⑴SWOT分析から独自戦略を導き出すノウハウと検討会の進め方

⑵新規事業・多角化・リストラのSWOT分析の進め方

⑶SWOT分析の固有具体策を数値化し、収支計画にあげる導線

⑷根拠ある経営計画書・経営改善計画書事例紹介

⑸SWOT分析・根拠ある経営計画書コンサルティングのコツ・裏ノウハウ

⑹参加者からの質問に随時答える(チャットでQ&A)

 ※質問はSWOT分析・経営計画書以外のコンサルティングに関連することでも結構です。

   同じ課題を参加者でシェアし、お互いが学びあいます。

 SWOT分析や根拠ある経営計画書を作成している参加者にはその内容のレビュー

  ※時間の関係上、申込時にご相談してください。

  ※参加者がSWOT分析結果や経営計画書のケースを画面共有で説明し、それに対してアドバイスや感想を伝えます。

3、開催日時

毎月2回開催(時間帯は基本的に18時~21時)。お申し込みの際に参加可能な日程をご指定下さい。

4、受講対象者


 SWOT分析・経営計画に関係する経営者、コンサルタント、会計事務所、保険パーソン

 毎回の受講者は少人数で開催

5、受講料 

    7,000円(税別)/名

  ※ お申込・ご入金確認後、zoom招待状を送付します。
  ※ 当日、受講者の都合により受講できない場合は返金はありません。ご了承ください。参加特典はお届けします。

6、参加特典

 ⑴テキスト(PDF)、講義で使った事例はExcelデータでプレゼント

 ⑵2020年3月収録の「SWOT分析を活用した根拠ある経営計画書」セミナー動画(60分)

  この動画を見れば、SWOT分析から根拠ある経営計画書の流れが具体的なフレームとともにご理解いただけます。

SWOT分析を活用した「根拠ある経営計画書」実例集 出版記念セミナー
zoomオンラインサロン(SWOT分析コンサルティング)
zoomオンラインサロン(SWOT分析コンサルティング)

zoomオンラインサロン(SWOT分析コンサルティング)

7,700 円
ご購入はこちらから

㈱アールイー経営代表の嶋田利広がサポート

アールイー経営 代表 嶋田利広

経営コンサルタント歴35年
九州を中⼼に関西、関東、北陸の中⼩企業。 病院・介護施設、会計事務所360社のコンサルティングを実施。「中⼩企業のSWOT分析の第⼀⼈者」として これまで延300事業所のSWOT分析コンサルティングを実施。

10年以上の経営承継顧問として25社を指導。現在も15社の顧問として毎月指導。

会計事務所では延べ60事務所へ「SWOT分析ノウハウと経営計画書作成⽅法」の教育研修を実施。また、2018年スタートした「SWOT分析スキル検定」、2019年から「経営承継戦略アドバイザー検定」を主催。 「SWOT分析と経営承継戦略の普及と正しいスキルを持ったプロ⼈材育成」に⼒をいれる。

 2017年北海道財務局、2018年九州財務局で職員、管内金融機関向けの「SWOT分析と経営改善計画書」の作り方を講演。他多数の講演実績、延講演時間は2500時間超。

 書著は「SWOT分析シリーズ7部作(累計6万部)」他「経営承継可視化戦略」。他著書多数。

RE-経営代表の嶋田利広の書籍